PR
PR

東京・どさんこプラザのテスト販売 樽前山伏流水「とまチョップ水」3位 今月から常時販売

 苫小牧市が販売するペットボトル入りの水道水「とまチョップ水」が、東京・有楽町の道産品アンテナショップ「北海道どさんこプラザ有楽町店」で常時販売されることに決まった。とまチョップ水は昨年7~12月、道の制度を利用して同店でテスト販売したところ、売り上げが3位となった。今月中にも同店で販売がスタートする予定で、市は「苫小牧を水がおいしいまちとして全国にPRしたい」としている。

 テスト販売は道産食料品全50品を対象に昨年7~9月と10~12月の2段階で実施した。前半3カ月は50品で売り上げを競い、売り上げが上位だった26品に絞った上で後半3カ月で再度、売り上げを競った。

 市上下水道部によると、樽前山の伏流水を水源にしたとまチョップ水は一本100円で前半564本、後半616本を販売。お客からは「(市公式キャラクターの)とまチョップのラベルがかわいい」「味がまろやか」などの評価を得たという。

残り:134文字/全文:531文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る