PR
PR

政府専用機パネル落下か 羽田から新千歳へ飛行中

 航空自衛隊は11日、新千歳空港に着陸した政府専用機(ボーイング747)の金属製パネル1枚がなくなっていたと発表した。羽田空港から飛行中に落下した可能性が高い。人や建物などの被害情報はないという。

 空自によるとパネルは楕円(だえん)状で縦38センチ、横20センチ、厚さ2ミリ、重さ約500グラム。右主翼とエンジンをつなぐ部品の一つで、6カ所の留め具で固定する構造になっていた。

 同機は空自千歳基地所属で、定期整備後の機体移動のため11日正午に羽田空港を離陸。住宅地を含む山形県や青森県の上空を1時間余り飛行し、新千歳空港に着陸した。着陸後の点検で部品がなくなっていることが分かったという。

 離陸前の目視の点検では異常はなく、羽田、新千歳両空港の滑走路でも落下物は確認できなかったことから、空自は飛行中にパネルが外れて落ちたとみている。

残り:157文字/全文:524文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る