PR
PR

月面探査、期限延長を要望へ 日本チーム「ハクト」挑戦は継続

 民間初の月面探査コンテストに参加している日本チームの「HAKUTO(ハクト)」が3月末の期限内に月面探査できない見通しになったことを受け、袴田武史代表は11日、東京都内で記者会見し「主催者に期限の延長を求めるなど、あらゆる可能性を探る」と話し、挑戦を続ける考えを示した。

 ハクトの探査車はインドの「チームインダス」が契約したインド宇宙研究機構のロケットに相乗りを計画。だがチームインダスと同機構の調整が難航し、3月末までの打ち上げが難しくなった。チームインダスの資金不足や開発遅れが要因とみられる。ハクトは引き続きチームインダスと協力して月面探査を目指す。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る