PR
PR

道防災ヘリ、24時間運航再開へ 道と道警が協定締結

 操縦士不足で2014年度以降、夜間に飛行できない状態が続いていた道の消防防災ヘリについて、道は9日、道警と共同運航する協定を締結した。スタッフを養成し22年度までに24時間運航を再開する。道によると、都道府県と警察が消防防災ヘリを共同で24時間運航するのは全国で初めて。

 締結を受け、道警は21年度までに操縦士と整備士各6人を養成。ヘリに搭乗する操縦士を1人増員し、2人態勢とする。

残り:213文字/全文:405文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る