PR
PR

子育て両立の環境整備要請、熊本 乳児同伴巡り議会に

 乳児を連れて議会に出席しようとした熊本市の緒方夕佳市議(42)が厳重注意された問題で、市議の支持団体は9日、子育てしながら議員活動ができる環境を整備するよう求める要望書を市議会に提出した。インターネットで募った約1万1千人分の署名も手渡した。受け取った沢田昌作議長は「できることから検討していきたい」と答えた。

 育児中だけでなく、介護などの事情を抱える議員が参画しやすい議会運営も要請。団体の小田川希さん(46)は「より開かれた議会に」と話した。

 緒方市議は昨年11月の定例会で生後7カ月の長男を抱いて議席に座り、退出を求める議長らと押し問答になった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る