PR
PR

恩師しのび「戌」の連だこ 函館で親子体験教室

 函館の親子体験教室「SUMOCCA」代表の中田嘉明さんらが4日、函館港緑の島(函館市大町)で亡き恩師・梅谷利治さんをしのび、梅谷さんが制作したえとの「戌(いぬ)」の連だこなどを揚げた。澄み切った新年の空に、市民ら約50人が揚げた連だこや自作のたこが舞った。

 創作たこ師と知られ、昨年8月に亡くなった梅谷さんの遺志を継ごうと企画。参加者たちとともに、梅谷さんが制作した「カムイ闘犬」(1994年、70メートル)や「愛犬雪だるま」(2006年、50メートル)など戌の連だこをはじめ、龍やイカの連だこなどを次々と揚げた。

 企画した中田さんは、絶好のコンディションに胸をなで下ろし「願いを込めて空に揚げる、という梅谷さんの思いをつなげるだけ」と笑顔をみせた。

残り:106文字/全文:432文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る