PR
PR

伊達高放送局、初の全道一 「鳴り砂を守る会」をラジオ番組に

 【伊達】伊達高放送局(7人)が函館市で昨年11月に開かれた道高文連の第40回放送コンテストラジオ番組部門で全道40校の中から初の1位に輝いた。作品は市民団体「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」(菊地富子会長)の活動を取り上げた。道代表として今年8月に長野県で開かれる全国高校総合文化祭(文化庁など主催)に出場する。

 伊達高では高文連に出す作品を1年生が担当することになっており、市川千紗都さん(16)と谷口優季(ゆき)さん(15)が取材と編集を務めた。タイトルは「天使と歩む、ちいさないっぽ」。1997年に発足した守る会の活動や鳴り砂への思いを取り上げ、5分間の作品にまとめた。

残り:533文字/全文:821文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る