PR
PR

JR路線問題に積極関与 札商新年交礼会で岩田会頭が意向

 札幌商工会議所の2018年の議員新年交礼会が5日、札幌市内のホテルで開かれた。岩田圭剛会頭はあいさつでJR北海道の路線見直し問題について、「北海道の将来にとって大変重要な問題だ。最適、最良の選択肢を探していきたい」と述べ、経済界として問題解決に向けて積極的に関与していく姿勢を示した。

 岩田会頭は、道内を訪れる外国人観光客の受け入れ態勢整備や20年度に予定される道内空港民営化などの課題にも触れて、「複合的に分析しながら、正しい道を進む1年にしたい」と強調。プロ野球北海道日本ハムの新球場を核としたボールパーク構想に関しては「札幌市内に立地してくれると期待している」と述べた。

残り:71文字/全文:360文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る