PR
PR

強制性交容疑で男2人逮捕 帯広署 面識ない女性襲う

[PR]

 【帯広】帯広署は2日、強制性交の疑いで、帯広市西22南3、会社員南佑樹容疑者(20)と横浜市港北区大豆戸町、大学生河合智哉容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月31日午前1時ごろ、帯広市西2南10の居酒屋で、女子トイレに入ろうとした十勝管内の20代女性を男子トイレに無理やり連れ込み、暴行した疑い。同署は両容疑者の認否を明らかにしていない。

 同署によると、河合容疑者は帰省中で、友人の南容疑者を含む計4人で来店していた。別のグループで店に来ていた被害女性とは面識がなかったという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る