PR
PR

若者の道内就職を支援 「北海道で働こう応援会議」設置

[PR]

 北海道新聞社は今年、若い人材の地元就職を支援する「北海道で働こう」キャンペーンを始めます。

 若い力は明日の北海道の宝であり、地域発展の原動力です。しかし、道内企業が人手不足に悩む中、道内の大学卒業生は昨春、4割近い約5400人が道外へ就職しました。背景には全国的な好景気に加え、地元で働きたい学生であっても、各地の優良企業の情報が十分に得られていないことによる「ミスマッチ」があります。

 こうした現状を少しでも変えるため、本社は、道内の経済団体、行政機関、大学、メディアなどとともに1月15日(月)に「北海道で働こう応援会議」を設置します。会議の座長には北海道商工会議所連合会の岩田圭剛会頭が就任します。各団体や地域と力を合わせ、学生や企業に紙面やネットなどで多様な情報を提供することで、1人でも多くの学生の道内定着を促し、北海道を元気にする活動に取り組みます。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る