PR
PR

チタンと共に輝く 札幌の加工職人・神さん モーターショーに出展

 軽量で丈夫だが加工が難しい金属チタン。独自の技術で、チタン加工を手がける札幌の職人が、札幌モーターショー2018に出展する準備を進めている。

 金属加工業のジンワークス(札幌)は2009年創業。代表の神貴朗さんは元プロバイクレーサーで、1994年から全日本選手権などに出場する傍らバイク用品メーカーで働き、金属加工を修業した。その後札幌に戻り、最も得意とするチタン加工の商品開発と販売を行っている。

 チタンは切る・曲げるなどの加工が難しい素材。また加熱して着色すると均一な色にならないが、神さんは素材に電気で着色する手法を考案した。現在ではピンクや緑、黄色など100色以上を自由自在に色付けできるという。最近はバイクや自動車用部品のみならず、カップやスプーンなど食器も生産している。

 「この技術で北海道から世界へ進出する魅力ある商品を開発したい」と神さん。札幌モーターショー2018にも出展し、独自の技術を多くの人に見てもらいたいと語っていた。

全文:422文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る