PR
PR

28日も強風、大雪 日本海側の道内 交通障害や雪崩に注意

[PR]

 発達した低気圧がオホーツク海に停滞し、強い冬型の気圧配置が続いている影響で、道内は27日も日本海側を中心に暴風雪が続いた。日本海側では28日も風が強く、降雪量が多くなる見込みで、札幌管区気象台は交通障害や雪崩への注意を呼び掛けている。

 27日の最大瞬間風速は、日高管内えりも町襟裳岬で36・6メートル、檜山管内江差町で26・8メートル、同管内奥尻町の奥尻空港で26・2メートル。28日午前0時までの24時間降雪量は、岩見沢市が42センチ、夕張市が33センチ、後志管内倶知安町が32センチだった。

 JR北海道は27日、宗谷線名寄―稚内間を終日運休。富良野線、石北線、石勝線夕張支線を合わせて特急6本を含む計35本を運休、または部分運休したほか、旭川発留萌行き普通列車が約30分遅れとなるなど計1106人に影響が出た。28日は宗谷線で特急1本を含む計7本の運休を決めた。

残り:180文字/全文:564文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る