PR
PR

製造業の相次ぐ不祥事

 日本の製造業を代表する企業で不祥事が相次いでいる。日産自動車やSUBARU(スバル)は無資格の従業員が出荷前検査を行い、神戸製鋼や、三菱マテリアル、東レの子会社は、製品の検査データを改ざんしていた。高い品質と技術力で日本経済の発展を担った中核企業でなぜ不祥事が表面化しているのか。信頼回復に向けた道筋を、モノ作りの現場を支える中小企業の経営者や専門家に聞いた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る