PR
PR

民営化の限界

[PR]

 子供のころから鉄道に乗ることや時刻表を読むことが好きだったので、一応鉄道ファンの端くれである。それゆえ、JR北海道の苦境については大変心配している。国鉄の分割民営化からちょうど30年たった今年は、その功罪を検証し、これからの地方の鉄道のあるべき姿について考え始める年にしたい。

 ジャーナリスト、牧久氏の力作『昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実』(講談社)を読むと、巨額の累積赤字を抱えながら自己変革能力を失った国鉄について、民営化という治療策しかなかったという結論に至るしかない。しかし、分割によって生まれた北海道や四国の鉄道を支えるための基金という仕組みが低金利の中で機能不全に陥った今、30年前の枠組みをそのまま続けることは無理である。JR北海道が幹線を含む大規模な廃止を提案していることは、民間企業だからこれ以上の赤字には耐えられないという切実な事情を背景にしている。とはいえ、災害を奇貨として線路の復旧を拒否し、そのまま廃止に持ち込もうという姿勢を見ると、憤りを感じる。

残り:736文字/全文:1179文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る