PR
PR

ホッカイシマエビのラー油大ヒット 根室の鮮魚店 炊きたてご飯に合うピリ辛味

 【根室】市内梅ケ枝町1の鮮魚店「茂勝」(日沼茂人社長)が販売する根室名物ホッカイシマエビを使った「食べるラー油」が人気を呼んでいる。炊きたてご飯に合うピリ辛の味付けで、小さく刻んだホッカイシマエビがたっぷり入っており、9月の発売以降1カ月100個ほどのペースで売れるヒット商品になっている。

 商品名は「北海しまえびラー油」。根室産のホッカイシマエビを皮むきし、食べごろの大きさにカットして、サラダ油、ごま油、ニンニク、アーモンド、一味唐辛子などと混ぜ合わせて加熱処理した。保存料などの添加物は使っていない。1瓶100グラム入りで918円。

残り:306文字/全文:576文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る