PR
PR

北広島でカジノ構想 道内4カ所目 パチンコ機器会社提案

 【北広島】パチンコ機器メーカー大手の平和(東京)は13日、北広島市に対しカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)構想を提示した。同社の子会社が保有する同市中の沢の札幌北広島ゴルフ倶楽部(54ホール、約280万平方メートル)の敷地を活用する。IR開設は都道府県などが申請し、国が認定する仕組みで、道内では苫小牧、釧路、後志管内留寿都の2市1村が誘致しており、北広島市が乗り出せば4カ所目になる。

 嶺井(みねい)勝也社長が市役所を訪れ、上野正三市長に提案書を渡した。カジノに加え、国際大会に対応できるゴルフ場を再整備し、5千人規模の国際会議場や大型ホテル、温泉施設、屋外美術館、スキー・スノーボード場などを建設する内容だ。

 平和はIR事業への参入に向け、外国人を含む来道観光客の伸びに着目。新千歳空港に近く人口・経済規模が大きい札幌圏にあり、自然豊かな北広島の所有地が最適と判断した。海外のカジノ会社や地元企業と企業連合をつくり、自社を中心に2千億円規模を投資する計画で、2万人前後の雇用創出を見込む。

残り:271文字/全文:723文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る