PR
PR

聖夜へ、いぶされて 滝上・七面鳥薫製作り本格化

 【滝上】クリスマス料理で人気の七面鳥の薫製作りが、今月上旬からオホーツク管内滝上町の農産品加工研究センターで本格化している。あめ色に輝く、丸々とした薫製が次々と出来上がり、工場内には香ばしい匂いが立ちこめている。

 町内の畑作農家ら6戸でつくる滝上町七面鳥生産組合(佐々木渉組合長)が「農閑期の冬場でもできる仕事を」と1986年から手がけ、今年は春から育てた約千羽を出荷する。天然塩と2種類のハーブを使った特製の調味液に約2週間漬け込み、蒸気で約3時間ゆでた後、サクラチップで約3時間いぶす。

残り:105文字/全文:351文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る