PR
PR

息子が砂場で遊べない 何が嫌なのか観察を

  1歳半の男の子です。砂場で手に砂が付くと嫌がって泣きだします。遊ばせなくてもいいでしょうか。


  五感を刺激することは脳の刺激にもつながるため、砂場遊びのような感触遊びは大切です。触覚は、味覚や臭覚よりも繰り返すことで慣れやすいといわれています。まずは砂を触るところから、少しずつ慣れるといいですね。

 お子さんにとって、何が嫌なのかを観察してみましょう。「感触が苦手」、「汚れるのが嫌」、「うまく取り扱えないのが嫌」など、理由はさまざまです。特に汚れるのが嫌いな場合は、周りの大人が日常生活の中で汚れることを無意識に否定している場合があります。

 例えば、食事の際に必ずお手拭きを置いて、手や口が汚れたらすぐに拭くという動作をしていないでしょうか。2歳頃までは汚さず食べるのが難しいので、「汚れても洗えば大丈夫」という思いをお子さんに伝えておきたいですね。3歳を過ぎれば、できるだけ汚さないように食べることが意識できるようになっていきます。

 強要すると「大嫌い」になってしまいます。少しずつ様子を見ながら慣らしていきましょう。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る