PR
PR

「北の勝大吟醸」限定発売 芳醇な香り特徴 根室・碓氷勝三郎商店

 【根室】根室の地酒「北の勝」の醸造元、碓氷勝三郎商店(根室市、碓氷ミナ子店主)は7日、今年の大吟醸の販売を開始した。「高度な技術と蔵人の真心で手間暇かけて醸造した、ぜいたくな手作りの日本酒です」とPRしている。

 毎年冬に登場する北の勝の最高級ブランド。贈答品としても好まれている。

 兵庫県産の酒米「山田錦」を磨き上げ、中心部の40%のみを使った。アルコール分は16度以上17度未満。今年1月から2月上旬にかけて仕込んだ。芳醇(ほうじゅん)な香りと柔らかな口当たりが楽しめるのが特徴。

 1900本の限定販売。一升瓶(1.8リットル)の希望小売価格は7607円(税別)。根室、釧路管内の小売店を中心に販売している。(犬飼裕一)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る