PR
PR

NY株反発、70ドル高 業績拡大や法人減税に期待

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比70・57ドル高の2万4211・48ドルで取引を終えた。米企業の業績拡大と米法人税減税への期待感から買い安心感が広がった。

 ダウ平均の構成銘柄では、電力事業のリストラ策として1万2千人の人員削減を発表した電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)が買われたほか、建設機械のキャタピラーが上昇した。一方、飲料のコカ・コーラは下げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は36・46ポイント高の6812・84と続伸した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る