PR
PR

3外国人が黒岳で遭難 タイ人か

[PR]

 【層雲峡】7日午後10時5分ごろ、上川管内上川町層雲峡の大雪山系黒岳(1984メートル)から下山した40代のタイ国籍の男性から「下山中の仲間3人が救助を求めている」と旭川東署に連絡があった。同署は3人が遭難した可能性があるとみており、道警山岳救助隊が救助に向かっている。

 同署によると、3人と通報した男性は計15人の登山グループで、4泊の予定で黒岳に入山。下山中だった7日夕、グループのうちの1人が黒岳ロープウェイ山麓駅まで約1キロの地点で滑落し、仲間の2人が救助作業にあたり、他の12人は下山したという。

 3人は午後8時ごろに下山する予定だったが、「今日は下山できない」と携帯電話メールで仲間に連絡があり、男性が同署に通報した。15人はタイ国籍の登山グループとみられ、3人の位置は、携帯している衛星利用測位システム(GPS)機器で確認できているという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る