PR
PR

白老白翔中野球部など表彰 北海道新聞スポーツ賞

 2017年北海道新聞スポーツ賞の贈呈式が7日、札幌市中央区の札幌グランドホテルで開かれ、スポーツ界で活躍した北海道ゆかりの2団体5個人を表彰した。

 本賞を受賞したのは、全日本学童軟式野球大会で道内勢として初めて優勝した東16丁目フリッパーズ(札幌)、全国中学軟式野球大会を制した白老町立白翔中野球部、陸上男子円盤投げで陸上競技最古の日本記録を更新した堤雄司選手(27)=群馬綜合ガードシステム、札幌拓北高出=、テニスの楽天ジャパンオープン男子ダブルスで優勝した内山靖崇選手(25)=北日本物産、札幌羊丘中出=。

 また、特別賞を長年にわたり障害者スポーツ指導と指導者養成に尽力した満田つもるさん(87)=北海道障害者スポーツ指導者協議会会長=に贈った。今後の活躍が期待される選手らを対象に新設した奨励賞は、佐渡国際トライアスロン大会国際Aタイプで優勝した千歳市出身の久保埜(くぼの)一輝選手(27)=チーム・スウェット=、聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」のバドミントン女子シングルスで銅メダルに輝いた長原茉奈美(まなみ)選手(23)=白糠養護学校教諭=の2人に贈った。

 贈呈式で広瀬兼三社長が「多くの感動や勇気を与えてくれた」と述べ、盾とモニュメント「頓(HITABURU)」などを贈呈。堤選手は「もっと精進し、東京五輪を目指したい」と意気込みを示した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る