PR
PR

クラブメッド、トマムにお目見え 星野リゾート内に8日開業

 【占冠】世界的なリゾート運営会社であるクラブメッドグループ(本部・パリ)は8日、上川管内占冠村の星野リゾートトマムの敷地内に新しいリゾート施設「クラブメッド北海道トマム」を開業する。クラブメッドが既存のリゾート内に施設を開くのは初めて。国際的な知名度を生かし、国内客だけでなく、オーストラリアやアジアなど海外からも家族連れを中心に集客を狙う。

 クラブメッドは世界25カ国以上の約70カ所でリゾートを運営する。道内の施設は、十勝管内新得町の「クラブメッド・北海道サホロ」に次いで2カ所目。

 エントランスロビーやレストラン、バーがあるセンター棟を新たに建て、客室などは営業停止中の「ホテル・アビチ」などリゾート内の既存3施設を改装した。総事業費は百数十億円。341室を備え、千人超が宿泊できる。家族連れが利用しやすいよう託児所を充実させ、スキー教室などの開催も計画する。

残り:282文字/全文:666文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る