PR
PR

VRゲームの体験施設 20日、札幌・狸小路にオープン

 仮想現実(VR)の技術を使ったアトラクション施設が今月20日、札幌市中央区・狸小路の商業ビル「アルシュ」内にオープンする。映像が流れるゴーグルを着けて疑似体験ゲームを楽しめる。娯楽施設運営大手のアドアーズ(東京)が、渋谷、池袋に続く3店目として開設する。

 ラフティング体験や、ほうきに乗って夜空を飛び回ったり、お化け屋敷からの脱出を目指したりするゲーム、ジャングルや洞窟を探検する計4種類のアトラクションを用意する。全て国内初導入で、映像に合わせて座席が揺れたり傾いたりし、体全体で楽しめる。

残り:189文字/全文:436文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る