PR
PR

ロシア勢、五輪個人参加に意欲 フィギュア選手「出ること大事」

 国際オリンピック委員会(IOC)が平昌冬季五輪にロシア選手団の派遣を禁止した決定を受け、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場するロシア勢は7日、会場の名古屋市ガイシプラザで平昌五輪に個人資格でも参加する意欲を示し、男子ショートプログラム(SP)3位のミハイル・コリャダ選手は「五輪は国旗がどうかではなく、出ることが大事」と話した。

 コリャダ選手は「(IOCの決定は)ロシアの犯したことを考えれば当然の処置」と語り、NHK杯覇者のセルゲイ・ボロノフ選手は「決定は残念だが、五輪には行きたい」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る