PR
PR

増税水準850万円超引き上げ案 所得税、当初案に公明反対

 自民、公明両党の税制調査会は7日、それぞれ会合を開いて所得税改革を協議したが、給与年収800万円超の会社員らを増税とする当初案に公明党から反対意見が相次ぎ、結論を持ち越した。政府、与党内では増税水準を850万円超に引き上げる案が浮上。14日の税制改正大綱決定に向け、引き続き調整する。

 当初案は、22歳以下の子どもや介護が必要な人がいる会社員は増税対象から外した上で、年収800万円を超える会社員を増税。改革全体を通じた税収の増加額を1300億円程度と見込んでいる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る