PR
PR

東京五輪への実践的サイバー演習 大会運営システムを再現

 2020年東京五輪・パラリンピックを標的にしたサイバー攻撃を撃退するため、国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)は7日、大会運営システムを再現した仮想ネットワーク環境で行う実践的な防御演習「サイバーコロッセオ」を、来年2月に始めると発表した。

 大会組織委員会の職員ら延べ520人が参加する。高度な攻撃に対処できる人材を育成することが目的で20年までに約20回実施する。大会時に想定されるサイバー攻撃を疑似的に発生させられるようにするほか、攻撃チームと守備チームに分かれて対戦する訓練形式も取り入れる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る