PR
PR

国連事務次長、北朝鮮外相と会談 米国との対話要請か

 【平壌、北京共同】北朝鮮を訪問中の国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は7日、平壌で李容浩外相と会談した。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議の順守を求め、衝突の懸念も出ている米国との対話を働き掛けた可能性がある。

 北朝鮮の核・ミサイル開発により朝鮮半島の緊張が高まる中、国連の仲介に国際社会の注目が集まっている。

 ただ北朝鮮は7日も国営メディアを通じ、米韓両軍が行っている共同訓練などについて「核戦争を助長」と非難。李氏は米国の威嚇に対する抑止力として核開発を正当化する公算が大きく、事態打開の糸口を見いだすのは容易ではない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る