PR
PR

学校閉庁日を導入 苫小牧、むかわ 来月から 教員負担を軽減

[PR]

 【苫小牧、むかわ】苫小牧市教育委員会とむかわ町教委は来年1月、市町内の小中学校に冬休みなど長期休暇中に一定期間、教職員が出勤しない「学校閉庁日」を導入する。長時間労働が深刻な教員の負担軽減が狙い。安平、白老両町もそれぞれ閉庁日を来年から取り入れる方向で検討を進めており、東胆振地方でも教員の働き方改革が進みそうだ。

 学校閉庁日は冬休み中など長期休暇中も事務作業などの業務や部活動で休みを取りにくい教員の働き方を改めようと、全国的に導入が進む取り組み。

残り:472文字/全文:698文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る