PR
PR

東京五輪・パラの教育プログラム 苫中央高が道内初の実施校認証

 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会の教育プログラム(愛称 ようい、ドン!)の教育実施校に、苫小牧中央高(苫小牧市光洋町3)が道内で初めて認証された。同校は今後、スポーツを軸に、組織委公認の教材で、スポーツの価値や国際交流について学び、大会に向けた機運の醸成を図る。

 組織委によると、教育プログラムは、多様な国の文化に触れたり、アスリートと交流できる機会などを教育現場でつくったりして、20年に向け、人材を育てることが目的。

残り:243文字/全文:469文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る