PR
PR

「雪ミク」市電お目見え タンチョウのような巫女姿

 札幌生まれの仮想アイドル・初音ミクの冬季版「雪ミク」を車体に描いた札幌市の路面電車が26日、中央区の電車事業所で一般公開された。約600人の熱烈なファンが駆けつけ、「かわいい」とカメラのシャッターを切った。

 雪ミク電車は2010年度から毎冬運行している。今季はタンチョウをモチーフにした白い巫女(みこ)装束姿。赤や黒色の髪飾りを付けて神秘的な雰囲気に仕上げられている。

 運行は27日~来年3月27日。埼玉県の男性会社員(32)は「雪まつりにまた来ます」。リピーターを引き寄せる「巫女ミク」の御利益に、観光業界の期待は高まるばかり。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る