PR
PR

幌延の秘境駅、ネットで巡る 町HPに紹介パンフ掲載

 【幌延】人里離れ、訪れるのが難しい「秘境駅」を生かした観光振興に取り組む町は、町内のJR宗谷線各駅を紹介したパンフレットを作製し、町ホームページに掲載した。秘境駅の魅力や駅のイメージキャラクターなどを写真入りで紹介しており、「秘境駅巡りで利用してほしい」とPRしている。

 幌延は、町内の8駅のうち糠南(ぬかなん)駅や下沼駅など6駅が鉄道愛好家らに人気のサイト「秘境駅へ行こう!」で全国ランキング100位以内に入る。町は「全国の自治体で最も多くの秘境駅があるマチ」とうたい、秘境駅フェスタやウオーキングラリーを開催して観光振興に取り組んでいる。

 パンフは10月に実施した道企画の宗谷線モニターツアーに合わせて作製。集落がなくなり、さびれた姿になった秘境駅を「地域の生き証人」と記し、町内8駅を紹介している。全国ランキング10位の糠南駅は板張りホームの魅力を強調。46位の南幌延駅は、倉庫のような木造の待合室などについて書かれている。

残り:148文字/全文:564文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る