PR
PR

明治期にクマと格闘し殉職 岩内署が法要「遺志継ぐ」

 【岩内】共和町内で1880年(明治13年)にクマと格闘して命を落とし、北海道の警察史上初の殉職者となった庄司己吉・三等巡査の法要が24日、町内の光照寺にある墓碑前で行われ、岩内署の幹部6人が参列し、地域の安全を守る決意を新たにした。

 法要は、庄司巡査の命日の26日に合わせて行われてきた。

 同署によると、庄司巡査は札幌警察署岩内分署が創設された1878年(同11年)に着任。前田村(現・共和町)で数人の命を奪ったクマと単身格闘し殉職した。村民有志が93年(同26年)、功績をたたえるために墓碑を建立した。鈴木琢哉副署長は「住民の安全を命を懸けて守った志を引き継いでいきたい」と語った。(岩内江平)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る