PR
PR

【道スポ】コンサ河合、左足骨折で全治4、5カ月か

 清水戦の前半40分に、相手選手と接触して負傷したMF河合竜二(39)が、東京都内の救急病院で検査を受け、左足腓骨(ひこつ)骨折と診断された。20日には札幌市内の病院で、もう一度精密検査を受ける予定で、左足三角靱帯(じんたい)断裂の疑いもある。その検査結果を受けて、月内にもボルトで骨をつなぐ手術を行う見込みで、全治は4、5カ月ほどと見られる。

 松葉づえをつきながらクラブハウスに戻った河合は「大丈夫です!早く復帰できるように頑張ります」と、元気に早期の復帰を誓った。

 今季は20試合出場で、メンバー入りは30試合。契約オプションにある規定の試合数をすでにクリアしているため、契約を延長し来季札幌で8年目のシーズンを迎える。三上GMは「早く良くなって来年も頑張ってほしい」と話した。<道新スポーツ11月20日掲載>

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る