PR
PR

荒れる道内、一気に冬 札幌でササラ電車出動

 道内は18日、発達した低気圧の影響で大気の状態が不安定となり各地で風や雪、雨が強まった。札幌市内では今季初めて、市電の軌道を除雪するササラ電車が出動した。19日にかけて冬型の気圧配置が強まり、大雪の恐れがあるため、札幌管区気象台は交通障害などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、18日午前中に釧路管内釧路町知方学(ちっぽまない)で33・1メートル、釧路市で31・2メートルの最大瞬間風速を観測。十勝管内の新得、芽室両町で正午までの12時間降雪量が20センチに達した。日高管内えりも町目黒では午前9時前後の1時間に24ミリの強い雨が降った。

残り:125文字/全文:398文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る