PR
PR

キンキ豊漁 競り活気 室蘭・卸売市場 取扱量は今季最高

 高級魚キンキが16日、豊漁となった。登別漁港と白老町虎杖浜地区でこの日水揚げされ、室蘭市公設地方卸売市場で取り扱った量は、例年のほぼ1月分に相当する1400キロで、今季最高。競りは活気づいた。

 キンキはスケソウダラ刺し網漁初期の10、11月を中心に混獲される。昨年度の取扱量は9785キロで、平年の約3千キロを大きく上回った。本年度は1日あたり100~200キロと平年並みで推移していたが、16日に急増。キンキの競りだけで1時間かかったという。

残り:171文字/全文:394文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る