PR
PR

2020東京へ 変わる観戦 動画で紹介

[PR]

 立体映像で見られるパブリックビューイングや、カメラの視点を自由に動かせる中継-。新しいスポーツの観戦方法が次々と誕生している。また、デジタルテクノロジーを駆使したスポーツの新体験も。ITで変わるスポーツ観戦、体験を動画で紹介する。(特集「2020東京へ 変わる観戦 リアルに 自由に デジタル技術の進歩」は11月24日朝刊に掲載されています。)


■Kirari
 NTTの「Kirari(キラリ)」は、競技中の選手をリアルタイムで別の場所に立体映像として中継することができる最新の映像通信技術。実際の試合会場を丸ごと遠隔地の体育館などに映し出すことを目指し、まるで試合会場にいるかのような臨場感の高いパブリックビューイングを楽しめるようになる。
 複数の4Kカメラで撮影した選手の映像を切り抜き、競技空間の映像や音声とともに伝送しプロジェクターで出力する。仮想現実(VR)のように専用ゴーグルをつけることなく、その世界に入り込めるのが大きな魅力だ。同社の古角康一・主任研究員は「世界中の人がリアルタイムで感動を共有できるようになる」と2020年の実用化を目指す。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る