PR
PR

うまみ濃厚 厚岸産カキ 新ブランド今季初競り

 【厚岸】釧路管内厚岸町生まれのカキ種苗から育てた厚岸漁協の新ブランド「弁天かき」の今季初競りが15日、同漁協地方卸売市場で行われた。将来の主力ブランドと期待され、初めて水揚げされた昨季の初日には及ばなかったものの、現在の主力ブランドの2~3倍の値がついた。

 この日は1740個が競りにかけられ、3L(170グラム以上)が1個400円、LL以下の3サイズは215~150円で取引された。弁天かきはふっくらして甘みが強く、芳醇(ほうじゅん)な味わいが特長とされ、かき養殖漁業班長の高筒(たかとう)聖一さん(49)は「いい値段がつき、やりがいがある。ぷりっとした濃厚な味をぜひ楽しんでほしい」と喜んだ。

残り:260文字/全文:559文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る