PR
PR

遺体発見通報者の男逮捕、岐阜 口座開設容疑で

 岐阜県中津川市の廃屋で昨年11月、白骨化した男性の遺体が見つかった事件があり、県警は15日、男性の名義で不正に口座を開設したとして、詐欺の疑いで遺体を発見したと通報した男(50)=別の罪で服役中=を逮捕した。

 捜査関係者によると、2人は自殺サイトを通じて知り合った可能性がある。県警は、男性が死亡した経緯や男との関係について調べている。

 逮捕容疑は、男性の名義をかたって銀行から通帳などをだまし取った疑い。

 昨年11月9日、男が「約1年前に死体らしきものを見た」と中津川市内の交番に届け出て、中津川署員が男性の白骨遺体を発見した。死後1年以上が経過していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る