PR
PR

新潟・糸魚川大火で有罪判決 元ラーメン店主に地裁支部

 新潟県糸魚川市で昨年12月に発生した大火で、業務上失火罪に問われた火元のラーメン店の元店主周顕和被告(73)に、新潟地裁高田支部は15日、禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年)の判決を言い渡した。

 石田憲一裁判長は判決理由で、被告の行為は「ごく基本的な注意義務を怠り、あってはならない」と指摘した上で、強風で火の粉が飛散し延焼が拡大したことなどから執行猶予付きの判決とした。

 判決言い渡し後、石田裁判長は「たくさんの人が元気を取り戻そうと奮闘している。糸魚川の人や町への恩返しとして自分にできることを考えてほしい」と説諭した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る