PR
PR

文科相、加計獣医学部認可の妥当性強調「新ニーズ対応」

 衆院文部科学委員会は15日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡る審議を行った。「加計ありき」との疑惑がある選定経緯について、計画を認可した林芳正文部科学相は、認可が妥当であるとの認識を重ねて主張した。立憲民主党の逢坂誠二氏は、政府が閣議決定した特区での獣医学部新設の4条件がクリアされていないなど認可判断が不適切だったと指摘。首相官邸の関与の有無も含め、野党側は疑惑を厳しく追及した。

 政府の国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設計画の認定には「既存の獣医師養成でない構想が具体化」「ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要」といった4条件を満たすことが必要となる。林氏は自民党の橘慶一郎氏への答弁で「構想は先端ライフサイエンス研究の推進など新たなニーズに対応すると確認された」と述べ、認可の正当性を主張。内閣府の担当者も「問題がないことは山本幸三前地方創生担当相が確認した」と説明した。逢坂氏は条件の判断根拠があいまいだとして「4条件はクリアできてない」と批判した。

残り:350文字/全文:806文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る