PR
PR

出前授業子どもたち夢中 南極での調理語る元隊員篠原さん 倶知安中で講演

 【倶知安】南極地域観測隊の元越冬調理隊員、篠原洋一さん(55)=札幌出身、横浜在住=が14日、倶知安中で講演し、夢を持つ大切さや自己コントロールの必要性などを訴えた。

 南後志法人会倶知安地区会の主催で生徒や教職員、町民ら約450人が集まった。

 篠原さんは若いころ、北大の教員からオーロラの話を聞いたことで南極に行きたいと決意。調理人として修業を積みながらチャンスを得た経験から「夢をかなえるためには実現できる細かいステップを積み重ねていくことが重要」と説明した。

残り:107文字/全文:339文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る