PR
PR

来園者5千人超え確実 登別・キウシト湿原、18日まで感謝祭

 【登別】キウシト湿原(若山町)が19日、本年度の営業を終える。来園者数は2015年度に一般公開を始めて以来、3年度連続の5千人超えがほぼ確実で、市外客の割合が増えている。同湿原では18日まで感謝祭が開かれており、植物などを使ったさまざまな工芸の制作体験ができる。

 同湿原は4月第3土曜から11月第3日曜まで開園し、冬場は休園する。14日現在の来園者数は4928人と16年度の5537人に及ばない見通しだが、安定して人を呼び込んでいる。本年度は市外客の割合が前年度比7・3ポイント増の30・9%となる見通しで、指定管理者のNPO法人キウシト湿原・登別は「文化教室や花の見学会など札幌圏からバスで訪れる団体客が目立つ」と分析している。

残り:224文字/全文:540文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る