PR
PR

スマイルJ 苫小牧合宿始まる 地元関係11人も参加 平昌五輪へ選考大詰め

 来年2月の平昌冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表(スマイルジャパン)が14日、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで合宿を開始した。参加選手は25人で、うち苫小牧関係者は11人。12月中には代表23人に絞る予定で、選考も大詰めを迎えている。

 合宿は今季6回目で19日まで。アメリカやカナダなど体が大きくスピードもある外国人選手を想定し、駒大苫小牧高の男子チームとの練習試合などを行う。初日の14日、選手たちはゴール前でパックを奪いシュートまで持ち込む連係プレーの確認や試合形式の練習で汗を流し、代表入りをアピールした。

残り:236文字/全文:498文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る