PR
PR

7~9月期GDP年1・4%プラス 16年ぶり7期連続

 内閣府が15日発表した7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比0・3%増だった。このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1・4%増で、1999年4~6月期から2001の1~3月期(8四半期)以来、約17年ぶりとなる7四半期連続のプラス成長となった。個人消費が足を引っ張る一方、世界経済の回復を背景に輸出がプラスとなり、外需が経済成長をけん引した。

 GDPの6割を占める個人消費は0・5%減となり、7四半期ぶりのマイナスとなった。東日本を中心とした8月の長雨と、日本各地に上陸した9月の台風で外出機会が減ったことが影響した。前期に好調だった自動車の買い替え需要が一服したこともマイナスに寄与した。

 設備投資は0・2%増と4四半期連続のプラス。稼働率が伸び悩み、能力増強よりも維持・補修への投資意欲が強く、小幅な増加となった。公共投資は2・5%減と3四半期ぶりのマイナス。2016年度第2次補正予算の効果が前期に集中していたため、その反動が表れた。

残り:254文字/全文:702文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る