PR
PR

米司法長官、偽証の疑いも 対ロ接触「忘れていた」

 【ワシントン共同】セッションズ米司法長官は14日、下院司法委員会の公聴会で、ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑について証言した。トランプ陣営の元外交顧問が昨年春、トランプ氏とロシアのプーチン大統領の面会を提案した事実を隠していたことを追及され「忘れていた。メディア報道で会話を思い出した」と釈明した。

 セッションズ氏は6月の前回公聴会でトランプ陣営とロシア側の接触について「認識していない」と断言。今回も「真実しか述べていない」と主張したが、次々と変遷する証言内容に偽証の疑いが浮上している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る