PR
PR

ジンバブエ軍が放送局占拠 首都に兵配置、クーデターの恐れ

 【ナイロビ共同】アフリカ南部ジンバブエの国軍が15日未明、国営放送局を占拠した。ロイター通信が報じた。首都ハラレ中心部では複数の爆発音が聞こえ、市内全域に兵士が配置されているという。ムガベ大統領(93)が自身の後継を巡りムナンガグワ第1副大統領(75)を解任したことを受け、反発した軍によるクーデターの恐れが高まっている。

 1980年の独立以来、実権を握るムガベ氏が退陣に追い込まれる可能性が出てきた。一方、AP通信によると国軍の報道官は15日、占拠した国営放送を通じて声明を発表し「(兵士の展開は)ムガベ氏周辺の犯罪者が標的だ」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る