PR
PR

広島市長、イタリア議会で演説 核廃絶へ国際協力を

 【ローマ共同】イタリア訪問中の広島市の松井一実市長は14日、ローマのイタリア議会内で演説、同国議員や非政府組織(NGO)関係者ら数十人を前に、核兵器廃絶に向けた国際社会の協力が必要と訴えた。

 松井市長は、今年のノーベル平和賞に決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が、広島、長崎の被爆者のための賞でもあるとの声明を出したことに言及。「世界の為政者による取り組みを促す契機になると期待する」と述べた。

 また北朝鮮や米国を念頭に「核実験を繰り返す国がある一方、核抑止力を最大限に使い、それを抑え込もうとする国がある」とも指摘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る