PR
PR

バドミントン長原選手に道民栄誉賞 デフリンピックで「銅」

 道は14日、聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」のバドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得した長原茉奈美選手(23)=帯広市出身、釧路市在住=に道民栄誉賞を贈ることを決めた。道は本年度、栄誉賞の対象に「デフリンピック」と知的障害者の世界大会「スペシャルオリンピックス」を加え、長原選手はデフリンピック出場選手として初の受賞者となる。

 長原選手は生まれつき聴覚障害があり、小学6年で全国大会に出場。2014年の大学3年時にはアジア太平洋ろう者選手権の女子ダブルスで優勝した経歴を持つ。今年7月のデフリンピックでは3位決定戦を制して銅メダルに輝いた。

残り:172文字/全文:452文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る