PR
PR

小池氏代表辞任 劇場政治の破綻 教訓に

[PR]

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)がきのう、両院議員総会で辞任を表明し、了承された。

 後任の代表には玉木雄一郎共同代表が就任し、古川元久幹事長らの新執行部が発足した。

 小池氏はこれを機に都政に専念する。「創業者としての責任を一つ終えた」と言うが、実際には衆院選不振の引責辞任だろう。

 希望の党は、立ち上げから選挙戦までを小池氏が全面的に主導した。事実上の「小池党」だった。

 政権交代を掲げ過半数の候補を擁立しながら、獲得議席は公示前にも及ばない50にとどまった。

 敗北の責めを負うのは当然とはいえ、野党第2党として本格始動した直後の辞任には、やはり「投げ出した」との批判を免れまい。

 同時に、辞任は自身の人気を当て込んだ劇場型政治が破綻した結果だとも言えよう。

 玉木氏には、それを教訓に党をつくり直す覚悟が求められる。

 衆院選では、民進党からの合流を巡る小池氏の「排除」発言が致命傷になったとされるが、敗因はそれだけではあるまい。

 「ユリノミクス」などと言葉だけが躍った急ごしらえの政策・理念から党組織、候補擁立作業に至るまで、全てが準備不足だった。

 いわば政党の体をなしていなかったのに、都知事選、都議選で吹いた旋風の再現だけを期待して国政選挙に打って出た。そんな政治との向き合い方が国民に見透かされた面もあるのではないか。

 党の一枚看板だった小池氏が退き、玉木代表は党運営を軌道に乗せる重い責任を負った。

 先の共同代表選では、憲法9条改定、安全保障法制のいずれにも反対した大串博志氏と、容認の玉木氏の間で亀裂が鮮明になった。

 野党連携を巡っても党の基盤固めを優先させる玉木氏と、積極的な大串氏との違いは大きい。既に分裂含みとささやかれている。

 だが、希望の党は敗れたとはいえ、比例代表で1千万近い票を集めた。ここで民進党時代と同じ混乱を繰り返しては、その期待にも背くことになる。

 そうならないために、安倍1強政治と対峙(たいじ)する党の立ち位置をどう定めるべきなのか。衆院選の総括を含め、地に足を着けた議論を尽くすことから始めるべきだ。

 民進党から合流し勝ち残った議員の中には、加計(かけ)、森友問題で政権を追及した論客も少なくない。「政権の補完勢力にはならない」という玉木氏の言葉は、まず特別国会の論戦で試されよう。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る